営業時間・定休日
営業時間

09:00~18:00

 
定休日

水曜日

 
電話番号

019-651-7878

 
FAX

019-651-7906

 
住所

〒020-0022

盛岡市大通3-9-10

リクルート

スタッフブログ

   
2018/10/06  ショールームダイアリー  営業 谷藤 崇博
FIAT500 I様ご納車おめでとうございます!!
谷藤 崇博 / タニフジ タカヒロ
[営業]
 

フィアット盛岡営業 谷藤です。

本日、ご納車させて頂いたお車は

FIAT500 1.2POPになります。遥々青森からお越し頂いたI様です。

初来店の際はご家族様でいらっしゃっていただきました。皆様、とても気さくにお話しして頂いて私も楽しく過ごさせていただきました! 本当に感謝しております。

お決め頂いたボディーカラーはミントグリーンになります。 本日までI様には実車のボディーカラーをお見せすることができませんでした。。。

納車当日。。。ドキドキしながらお待ちしておりましたが、実車を見て『かわいい!』とおっしゃっていただき、一安心。。(笑)

そうなんです!FIAT500は『見ても楽しい!』 眺めているだけで、こっちが思わず微笑んでしまう。。。そんな車ですね!

I様この度は誠に有難うございます。これからFIAT500と一緒に楽しいカーライフをお過ごしくださいね! 末永くよろしくお願いいたします。

 
   
2018/08/08  ショールームダイアリー 
K様500Cご納車
 
先日、K様にご納車させていただいたのは、

500C1.2POP
ボサノバホワイト
レッドソフトトップ

これまでブルーヴォラーレの500TwinAirPOPにお乗りいただいておりましたが、500Cにお乗換いただきました。
7年弱の思い出がつまった500でしたので、ちょっぴり悲しい気持ちもあったようですが、最後は笑顔で500Cにバトンタッチしていただきました。
K様、この度は誠にありがとうございました。
今後ともフィアット盛岡をどうぞよろしくお願いいたします。
 
   
2018/03/23  ショールームダイアリー  営業 滝村 優
S様ご納車
滝村 優 / タキムラ ユウ
[営業]
 
先日、S様にご納車させていただいたのは、

500 1.2POP
ミントグリーン

S様にとって初めてのマイカーです。
記念すべきマイカー第1号にフィアットをお選びいただきありがとうございます。
たくさんドライブして、たくさん思い出を作ってくださいね。
S様、この度はありがとうございました。
今後ともフィアット盛岡をどうぞよろしくお願いいたします。
 
   
2018/02/03  ショールームダイアリー  営業 谷藤 崇博
イタリアの旅…Part4番外編
谷藤 崇博 / タニフジ タカヒロ
[営業]
 

こんにちは。営業 谷藤でございます。

イタリアの旅…Part4番外編ということですが、前回トリノ自動車博物館を

アップさせていただき、次はいよいよミラノにありますアルファ ロメオ歴史博物館…

と行きたいところですが、今回はちょっと気分を変えてイタリアの車スナップをご紹介いたします。

先ずは、こんな感じのチンクから!

こちらは、宿泊したホテルですが、『ザ ウェスティン エクセルシオール』です。

ここはとても、伝統と格式の高い立派なホテルでした。

サッカーのACミランの選手もよく利用するそうです。

チェックアウトの朝、外に出るとランボルギーニが3台停まっていました。

ACミランの選手じゃないか? と、ちょっとザワつきました。

だれかが『ナカタ! ナカタ!』と言っていました。(笑)

いや~チンクは、どの角度から見ても街並みに見事はまっていますね。
おやっ!?木陰にかくれていますね。

これぞ噂のイタリア縦列駐車!!

お見事!…がしかしどうやって出るの!?

なんか こんな感じも絵になりますね。
おおおおお~イタリア最高~!

おっ!路上で絵を書いています。

なんかこういうのテレビでは見たことあります!

私はどうしても甘いものが食べたくドキドキしながら一人でジェラートを

買っています。6ユーロ 850円くらいです。 結構高い。 ですが味は最高です。

おっ!

次は…この人『動かない』っていうパフォーマンス中です。

 

はいっ!

今回はこのような感じです。

決して手は…抜いていません…(笑)

 
   
2018/01/27  ショールームダイアリー  営業 谷藤 崇博
イタリアの旅…Part3
谷藤 崇博 / タニフジ タカヒロ
[営業]
 

FIAT盛岡営業 谷藤です。 今回はイタリアの旅3日目、朝一で向かった先は…

『トリノ自動車博物館』です。

Part1.Part2と説明文が長いと内部告発がありましたので今回は、写真を結構多めに載せたいと思います。

先ずは、博物館外観です。 非常に広々としていますね。

イタリアの学生の人達もたくさんいました。

入り口まで行くと、地元の高校生ぐらいの集団がいました。

社会科見学かなにかで来ているんだなと思っていると、おもむろにアイコスや紙巻タバコを吸っているではないか! まだ顔もあどけなく幼い感じだな と思っていてのでビックリしました。 

後に、イタリアではお酒・タバコは18歳からOKだそうです。

ちなみに日本で結婚できる年齢は●男18歳●女16歳ですがイタリアでは?

●男性16歳●女性14歳だそうです。 若いですね~

 

はいっ! 話が横道にそれてしまいましたね。

博物館の入り口を抜けるとこのような広いスペースが現れます。

ちょうど画像奥の所が入り口です。

年代物の車がズラリ…

おっ! 1936年…FIAT/500
おっ!おっ! 1956年 FIAT/600MULTIPLA
おっ!おっ!おっ! 1968年FIAT/500F

ちょっとブランド違いますがかわいいので

CITRORN 2CV ヒッピー仕様!

このような、廃車になった車の展示…

何か…幻想的ですね。

FIAT1900B GRAN LUCE…

FIAT/DOWNTOWN

しかしFIATは個性的な車を造りますね~

こんなのもあります!

FIAT/ECOBASIC

電気自動車ですかね…

すみません…説明書いているのですが英語読めません…

おっ!これぞ博物館!

前が潰れていますが、この車両は壁にぶつけてボディーの強度やエアバックの開きなどをチェックした後の車両ですね。

FIAT/500がイタリアの象徴と言わんばかりに

バックライトで光っているイタリアの地図上にFIAT/500乗ってます。

FIAT/Panda

何仕様でしょうか?

チンク~!

発想がスゴイ!

こちらもチンク!

拡大するとFIAT500のミニカーがボディー全体に貼りついています!

ナイスアイディア!

歴代のレーシングカーが展示

年代別に前の方に進んでいくと!?

F1カーまでズラリ…

 

……と、ここでも画像はごく一部であと50枚くらいは撮りました。

つづきはPart33あたりで…

 
2018年10月(3件)
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ページ上部に戻る